防犯カメラとLANの工事やってます FlexGear

皆さまの歯車になりたい!FlexGear(フレックスギア)です

防犯カメラの基礎編- RBSS(優良防犯機器認定)制度とは

防犯カメラの基礎編- RBSS(優良防犯機器認定)制度とは

またも1年ぶり位の更新です。

ご無沙汰しております。
FlexGear(フレックスギア)の阿部 茂です。

今回は防犯の基礎として、RBSS制度(優良防犯機器認定制度)について
解説したいと思います。

RBSSとは

RBSSとは、日本防犯設備協会の審査基準に
合格した防犯機器にだけ認められる優良防犯機器を指します。

2008年10月にRBSS制度(優良防犯機器認定制度)として発足され、
当初、アナログ形式の防犯カメラデジタルレコーダーの認定制度でしたが、
2010年にIP-IF方式(ネットワーク型)に基準を拡充
2014年からは、LED防犯灯の認定基準も追加されました。

RBSS制度が生まれた背景

ここ20年で防犯カメラの設置台数は右肩上がりに増加しており、
犯罪を捜査したりする際に、防犯カメラの映像を利用する事が増えてきました。

しかし、防犯カメラに関する明確な仕様が決まっていなかった事から
カメラ性能には大きなバラツキがありました。

せっかく容疑者を撮影していても、
捜査に利用できるレベルの映像情報を取得できなければ、
撮影している意味も薄れてしまいます。

そこで、より効果的に機能する優良な防犯機器の開発及び普及を
促進し、国民生活の安全と安心に寄与することを目的として
日本防犯設備協会によりRBSS制度が発足されました。

RBSSマーク

RBSS制度に認定されるとRBSSマークの使用が許可されます。

     RBSSマーク 4色カラー(CMYK)

  RBSSマーク モノクロ

登録されたRBSS機器(優良防犯機器)は日本防犯設備協会の
ホームページで公表されています。

Screenshot日本防犯設備協会へRBSS TOPページリンク

RBSSページ内にある各目録リンクから認定機器リストが確認できます

RBSS制度の審査基準は2種類

認定審査の基準は2種類設けられており、
資格審査機器認定審査
分かれています。

  • 資格審査
  • 資格審査の審査内容は、主に4つあり
    機器の瑕疵担保責任を負う事への意思表示、
    生産品質マネジメントシステム、商品問い合わせへの対応能力
    保守部品の供給能力を審査します。

  • 機器認定審査
  • 機器認定審査は、性能面の審査になり、
    必ず満たす必要がある共通機能と、
    利用目的に応じて必要になる高度機能に分けて審査されます。

防犯カメラ機器認定基準(RBSS 0002)
主な共通機能の項目

  • 平均故障間隔(MTBF)が30,000時間以上
  • 逆光補正機能
  • 水平解像度が470TV本以上
  • 最低被写体照度の性能が3.0ルクス以下に対応

主な高度機能の項目

  • 暗視効果のあるデイナイト機能
  • 最低被写体照度の性能が0.5ルクス以下に対応
  • 逆光時撮影のダイナミックレンジ拡大比が40dB以上

デジタルレコーダー機器認定基準(RBSS 0003)
主な共通機能の項目

  • 平均故障間隔(MTBF)が30,000時間以上
  • 記録画素サイズが640×240ドット以上
  • DVD-RやUSBメモリーへ取出し可能
  • 日付・時刻で検索可能
  • 全チャンネル1秒1コマ以上の記録レート

主な高度機能の項目

  • 全チャンネル1秒5コマ以上の記録レート
  • 音声記録機能
  • ハードディスクの増設

LED防犯灯機器認定基準(RBSS 0004)
主な共通機能の項目 ※共通機能のみ

  • 全光束は、定格光束の90%以上
  • エネルギー消費効率は、80lm/W以上
  • 光源色の相関色温度は、表示値の5%以内

主なRBSS制度の認定メーカー

TOA株式会社
Panasonic株式会社
株式会社JVCケンウッド・公共産業システム

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

<スポンサーリンク>
Return Top